偏差値70の私が2年間勉強して北大前期・総合理系に普通に合格した話。

 

 

 偏差値70の私が2年間勉強して北大前期・総合理系に普通に合格した話。

 

 塾にはあまり行かずに参考書・問題集がメイン。自称進学校で指導もお粗末だったので。

 

 

1年生前期

 青チャートとシス単をちょいちょいやって英数の偏差値を70に到達させた。偏差値は進研模試ね。

 シス単CDとSONYWALKMANは神。CD聞く習慣があってよかった。

 

 

 

1年生後期

 学校で配られた古典文法のワークを周回したり単語帳をやり、漢文はヤマのヤマという参考書を使い国語の偏差値も70付近に上昇。

 

  数学は青チャートのIIBと河合塾講師が書いた数IIIの簡単な計算問題集をやっていた。 

合格る計算 数学III (シグマベスト)

合格る計算 数学III (シグマベスト)

  • 作者:広瀬 和之
  • 出版社/メーカー: 文英堂
  • 発売日: 2014/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

  合格る計算は数IIIに必要な受験テクニックのうち必要な分は書いてある良書。ググってもあんまりレビューされていないのだが何故。

 

 あと一対一対応の数学をやっていた。数Iの逆手流の説明のわかりさすさに衝撃を受けた。一方で数Aはそんなに・・・?立体の埋め込みは面白かった。(高三の駿台全国模試に立体の埋め込みを使う問題があったのだが瞬殺できたので気持ちよかった)

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 東京出版
  • 発売日: 2012/03/30
  • メディア: 単行本
 

 

 一対一の数Aがいまいちだったので確率の参考書を購入。ハッとめざめる確率、通称「ハッ確」をやった

 確率がなんたるかをテキトーにスルーして応用問題で0点を連発していた私に救いの手を伸べた参考書。

 

 整数は結局どうやって勉強したらいいのか最後までわからず北大本番の整数問題はほぼ0点だった。

 

 英語はちまちま文法をやっていた。春休みに入ったら化学の予習をしていた。

 

 

 

 

2年生前期

 前期で受けた英語の成績が悪く青ざめた。英語を一日5時間勉強する日々(∊受験勉強)がスタート。この数学は自分で進めていたので少し手抜いても大丈夫か。みたいな。

 

 基礎英文解釈の基本技術100をやっていた。とある受験セミナーに行ったら河合塾講師がこの参考書をやたら推すので買った。文法から長文への橋となる参考書だった。これで長文が読めるようになった。

基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

  • 作者:桑原 信淑,杉野 隆
  • 出版社/メーカー: ピアソン桐原
  • 発売日: 2008/12/01
  • メディア: 単行本
 

 

 あと毎年出る 頻出英語長文 っていう問題集をやっていた。これもマイナー問題集なのにいい。解説がわかりやすい、「これは意訳して~の意味」とか書いてあって意訳する楽しさがわかる。

 

 単語帳は鉄壁。受験期直前まで使用。使いすぎでボロボロになり二冊目を購入したほど。

f:id:kaiue1234:20200118230043j:plain

 (私の戦友。記念にとっておいた。)

 

 物理と化学は教科書読んでセミナーっていう問題集をやっていた。学校にしか販売していない。

 

 国語は古文は学校の授業が教科書の文章を訳して進めるスタイルだったので、それに従った。教科書ガイドもたまに使っていた。あと単語帳。漢文はヤマのヤマ。現代文はz会の評論キーワード集みたいなのを内職してずっと読んでいた。

 

 夏休みは自室で一日10時間勉強しようとしたが閉塞感に発狂。精神科に通うはめに。

 

 

 

 

 

2年後期

 Z会で英語をやり始める。英語長文をあそこまで体系的に解説する教材に初めて出会った。東大コースを受講。

 

 数学は一対一のII、B、IIIをやっていた。IIIの微積編は最高。

1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 東京出版
  • 発売日: 2014/02/27
  • メディア: 単行本
 

 

 物理と化学は教科書とセミナーを基本的にやっていたが化学は無機の参考書を追加、物理は塾に行った。

 無機の参考書ってのはこれ↓。付録のチェックリストがすごいマイナーな反応まで書いてあって網羅できた。

大学受験Doシリーズ 福間の無機化学の講義 四訂版

大学受験Doシリーズ 福間の無機化学の講義 四訂版

  • 作者:福間智人,鎌田真彰
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2019/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 暗記に走りがちな無機化学をちゃんと説明してくれるのが良い、この参考書。それでいて新研究のように大学化学までつっこまないスレスレのわかりやすさ。市販されているなかでは最高の無機化学の参考書。

 

 物理は東進衛星予備校の講義を一個取っていた。サングラスをかけたちょっと怖い先生の講義。

f:id:kaiue1234:20200116231713j:plain苑田尚之講師)

 微積を使う講義で物理の基本に忠実に講義をしていた。受講後に物理で無双できるようになりセンター物理は満点だった。(苑田講師いわくセンター物理は満点が当たり前だそう。)

 

 物理のエッセンスは光路差の説明が優れているので立ち読み。他は読まなくてよかった。特にエッセンスの熱力学の説明はゴミ。その点、教科書の方がは熱力学の説明はわかりやすい。

 

 

 

 

 

3年生前期

 理科極振り生活が始まる。

 物理は重要問題集。一番説明がカチッとしていてわかりやすかった。

2020実戦 物理重要問題集 物理基礎・物理

2020実戦 物理重要問題集 物理基礎・物理

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 数研出版
  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: 単行本
 

 

 一方で化学の重要問題集はひどい。理論化学のはじめのほうとかまともに解説していない。

 だから化学は新演習をやっていた。個人が書いた化学のテキスト・問題集ってクセがあるが逆にそのクセに乗ると化学は無双できる。とくに理論と有機。これが会社全体で分担して書いたであろう化学の重問との違い。

理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録

理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録

 

 

 

 現代文の勉強を始めるべく東進衛星予備校で今でしょの講義を受講。講師の腕は本物で、彼の講義を受講後に私は本番のセンター国語の評論で満点。

f:id:kaiue1234:20200116233913j:plain

 (林講師いわくセンター現代文は満点とれないほうがおかしいらしい。)

 

 夏休みは一日10時間勉強。昨年の夏休みの過ごし方を反省し自室から外にでて勉強した。図書館とか。

 

 

 

 

三年後期

 夏休みから「やさしい理系数学」をやっていた。やさしくない。

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)

  • 作者:三ツ矢 和弘
  • 出版社/メーカー: 河合出版
  • 発売日: 2013/07/01
  • メディア: 単行本
 

 解説が何通りもあったり、解説答案が簡素。というか説明が必要十分。これで数学記述のやりかたがわかった。

 

 英作文は竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本っていう参考書をやっていた。

CD2枚付 決定版 竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本

CD2枚付 決定版 竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本

 

 このような頭の悪そうなタイトルの参考書はやらない私がわかりやすさに惹かれて購入。本当に面白いほど書ける。

 日本文英訳で無双はできる。

 

 センター国語を毎周1年分解いていた。

 国語は「河合塾の」「過去問」が至高。通称「黒本」。赤本の解説はお粗末。予備校の作る予想問題集などやっても無意味。本試のクオリティには及ばない。って某講師が言っていた。

大学入試センター試験過去問レビュー国語 2020 (河合塾シリーズ)

大学入試センター試験過去問レビュー国語 2020 (河合塾シリーズ)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 河合出版
  • 発売日: 2019/05/01
  • メディア: 単行本
 

 

 

 

 某進衛星予備校がやたら講義とらせようとしたり質が低いと有名な模試を受けさせてくるので退学した。

 

 

 

 

 

受験直前期

 防衛医科大を受験し落ちた。これが最初の不合格か…とちょっとブルーに。

 センター試験の勉強。化学で毎回満点が取れなくてイライラしていた。地理は教科書読みまくっていたが点がとれなかった。地理は個人による科目だと思う。

 国語を毎日一年分を解いていた。 古典は解答の解説だけではなく文章の一行一行を指さし頭のなかで訳して正しい訳と照らし合わせる作業をしていたら急にすらすら読めるようになった。

 センター英語のリスニングアプリに2000円課金して過去問全部リスニングした。 

 

 

センター1日前

 センター化学と国語、数学を解いて就寝。

 

センター当日

 地理解けなくて最悪の滑り出し。国語で手ごたえありだったので気分が回復。英語はちょっとしくった。

 

センター2日目

 物理と化学はわりとよかった。数I・Aが爆死してメンタル破壊された。

 

センター翌日

 学校でみんなでセンター自己採点。教室の雰囲気はお通夜。絶望してよくわからない地方公立大を受ける級友の顔は見たくなかった。

 私は84%で傾斜かけたら北大のセンターリサーチでA判定だった。

f:id:kaiue1234:20200118230259p:plain

(当時のセンターリサーチ。傾斜85%だったから300*0.85 = 255でなんとかA判定)

 

 

二次試験まで

 高校で四者面談。後期に千葉大を出願しようとしたが倍率が高く落ちるぞと言われた。リサーチでもC判定。予想以上に後期入試が厳しいことを初めて知る。

 

 アマゾンで古い北大の過去問を落としては解く日々。アマゾンすごい。結構古い過去問がある。

 自由英作文対策でz会のものをやっていた。例文暗記していた。

 センター利用の理科大が受かっていた。

 併願の早慶理工を受けたら慶大受かってた。二次試験直前に慶大が発表されたので自身がついた。

 

 

 

 

二次試験直前

 北大近くのホテルへ。

 駿台の自習室を使って過去問を解いていた。模試受けていたら自習室使っていいですよっていうハガキが届いたので。

 ラーメン店のカウンター席で化学のまとめノートを見ていたら隣の男の人に話しかけられた。北大受けますか?って。その人は経済学部志望の受験生だった。合格した今、彼とキャンパスですれ違っているのかもしれない。

 

 

 

 

 

二次試験当日

 英語は普通。insterglamがどうたらとか書いてあった。自由英作文でネットの閲覧履歴に対応した広告が出るのはなんかヤダみたいな文を書いた記憶。当日朝の新聞でそんな記事を読んだので。

 数学も普通。あんまり完答できなかった。やさ理の恩恵はいずこへ。苦手な整数問題が出てこの大問はほぼ0点だろうがどうせみんなできていだろうと開き直った。

 理科はわりとできた。問題訂正の紙が直前に配られた。問題が多くてこれ落ちるんじゃないかと思ったが時間に余裕が意外とできてよかった。化学→物理の順で解いた。物理は9割近くとれたのでは?ありがとう苑田…と感謝した。

 ところで物理のほうが得意な私だが入試には化学重点で出願した。化学の方が安定しているから。物理は解答の一行目で間違えるとその大門0点になりかねないので。

 

 

 

 

 

 

 「試験終了です。」

 

 

 

 試験管の口から発せられた。

 

 

 

 

 

 もう受験勉強しなくていいのか

 

 

 

 もう英単語を覚えるべく電車や授業の隙間時間に頭を垂れて単語帳をみなくていいのか。

 

 

 

 

 肩からものすごく重い重荷が落ちたように感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二次試験翌日

 早大理工に落ちたことが判明。二次試験前に落ちていたことが分かったらメンタル不安点だったかもしれない。

 

 

 

 

 

北大合格発表の日まで

 ぼーっとしていた。後期入試の勉強に手がつかない。落ちたら私大にしよう。親には申し訳ないけど。私はもう疲れていた。私大の高い学費が脳裏によぎっていた。

 

 

 

 

 

 

 

北大合格発表の日

 発表の時刻(朝9:00)前にスマホの前で待機。

 9:00になった瞬間、合格発表ページを更新

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:kaiue1234:20200118230125p:plain

 受験番号が並んでいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:kaiue1234:20200118230213j:plain

 私の受験番号は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:kaiue1234:20200118230125p:plain

 あ

 

 

 

 

 あった

 

 

 

 

 合格してた

 

 

 

 

 私の受験戦争は終わったんだ

 

 

 

 

 

 母親はすごく喜んでいたし、それを知った父は職場から電話をかけてくれ、よく頑張ったなと言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうして私の受験生活が終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 それと同時に新たな生活が始まった。

 

 

 

 

 (完)